健太の資格大作戦!

健太の資格について語ります。資格の種類や受験概要、就職先などです。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - | - |
    食品衛生監視員って知ってる?
    0
      こんばんは、皆さまはお元気ですか?

      食品衛生監視員と言う資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)を知っていますか?

      食品衛生監視員は、私たちの食品の衛生や安全を守る為の検疫の業務に携わる厚生労働省により認定されている資格で、技術系の公務員(不況になれねなるほど、希望者が増加します)となります。

      食品衛生法の規定に基づいて、営業施設の立ち入り検査や食品に関する指導等を行う事を仕事としているのです。



      国や地方自治体等行政機関の職員で、通称「食監(しょっかん)」とも呼ばれているといわれているんですね。

      国家公務員(日本の行政機関や特定独立行政法人に勤務する人、国家公務員法が適用される公務員を指します)?種試験、または、食品衛生監視員採用試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)に合格すると、全国の主な海(夏といえば、必ず行くという方も多いかもしれません。

      紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)港や空港の検疫場所にて、輸入食品の安全監視や指導を行えるようになります。



      または、地方公務員として各都道府県の保健ところに所属し、食中毒等の食品を介した健康被害を防止するために公衆衛生業務を行ったり、食品製造業や飲食店の監視、指導、教育を行ったりもできるようになるはずです。

      それに、一般企業(それぞれのカラーがあるものですよね。

      社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)への就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)の時にも、この食品衛生監視員の資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)を有していると有利に働く場合もあるみたいです。



      ある定められた物等を製造行うのであれば、食品衛生管理者等の設置が必要とされていることもあるからです。

      また、飲食店営業、菓子製造業、食肉販売業、魚介類販売業等の営業をする場合にも、食品衛生責任(行動の自由と表裏一体になっていることがほとんどです)者の設置が義務付けられていたりします。

      食品関連や食品製造業会社等への就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)を希望している時には、取得しておいてもいいかもしれませんね。



      最近では、食品に対する衛生や安全に強い関心が高まりいる傾向があります。

      これからも大切な役割を担っていく、価値のある資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)だと言えるはずです。



      さてさて、今日はこのへんにして・・・。


      この記事の関連ワード
      柔道整復師 財務専門官 年収 受験資格 資格 難易度 

      資格 | 03:09 | comments(0) | - | - |
      臨床工学技士の受験概要ってどう?
      0
        (´Å`)ノ【☆゚+.おはよう゚+.☆ 】、今日も読んでくれて感謝です。

        医療現場の最前線で活躍している臨床工学技士(人工透析装置やペースメーカー、輸液ポンプといった医療用の精密機器を操作したり、点検したり、時には修理することもあります)だからといって、臨床工学技士になるためには、厚生労働省医政局監修・財団法人医療機器センター実施の臨床工学技士(日々進化する医療機器の操作方法などを覚えたり、使い方を説明したりしなくてはいけないため、コミュニケーション能力も必要となるでしょう)国家試験を受けなくてはなりません。

        それに、ただ国家試験(国試と略され、実際に試験を実施するのは、国や地方公共団体から委託された団体です)を受ければいいというような訳ではありません。



        臨床工学技士(人工透析を行う病院に就職する人が多いですが、それ以外の病院では医療機器の管理を行うというケースが多いでしょう)を養成するための専門学校(○○専門学校という学校名ではない専門学校がある反面、まぎらわしい学校名の無認可校もあります。

        無認可校を卒業しても学歴にはなりませんので、注意が必要でしょう)や大学がありますので、そこで基礎医学、臨床医学、医用工学などといった専門課程を勉強して卒業する事により、国家試験の受験資格を得ることが出来ます。

        臨床工学技士(人工透析を行う病院に就職する人が多いですが、それ以外の病院では医療機器の管理を行うというケースが多いでしょう)の国家試験(合格しなければ、就くことのできない職業も多いです)は、1年に1回毎年3月に試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)が行われています。



        全てマークシート制とはいえ、問題は180問あり、出題科目は28科目で、合格する為には6割以上正解しなければなりません。

        試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)対策としては、普段から真面目にまなんできた方であれば、過去の問題集などを何度か繰り返してやることで、8割以上正解出来るでしょう。

        出題科目が多いため、効率よく勉強するようにしてください。

        効率のよさを追求するためには、自分の苦手な分野・科目を把握しなくてはなりません。



        そして、過去の問題集(できれね答えの解説がわかりやすいものを購入するといいかもしれません)を解いてみて、苦手分野の中から1〜2問程度しか出題されていないのあれば、その分野は捨ててしまうというのも一つの方法です。

        出題される割合が高い分野・科目を重点的にまなんで、正解率をあげると言うのが、臨床工学技士(日々進化する医療機器の操作方法などを覚えたり、使い方を説明したりしなくてはいけないため、コミュニケーション能力も必要となるでしょう)の国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)対策としては効果的だと思います。



        6割正解すれば良いわけですから、7〜8割程度正解することを目標に試験学んでいけば合格出来るでしょう。



        さてさて、今日のところはこのへんに、ありがとう!


        この記事の関連ワード
        就職先 高卒 資格はばたく 臨床工学技士 行政書士 

        資格 | 12:40 | comments(0) | - | - |
        管理栄養士という資格についてです!
        0
          おはようですー。皆さま、いかがお過ごしですか?

          栄養士と言う言葉は、みなさんよく耳にする機会があると思いますが、その上に管理栄養士と言う資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)がある事を御存知ですか?

          管理栄養士とは、栄養士以上に専門的な栄養学をマスターし、国家資格(有用性が高い分、取得するのが困難だといわれています)に合格して厚生労働省の管理栄養士名簿に登録された人に与えられる資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)です。



          本来、栄養士であれば、給食の献立の立案や栄養相談、栄養管理等の仕事をすることができる事なっているんですね。

          だけど、実際は、給食調理や材料の発注等、調理師と変わらないような働いているのが実状です。

          その際、よりステップ(歩調や足取りをいうこともあります)アップして、栄養士よりも上の国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)である管理栄養士の資格を取得する事により、給食の献立を考えたり栄養管理を行ったり、講演等で栄養学について話したりする場合まで出来るようになります。



          管理栄養士の就職先としては、給食や食事の献立を作成する事が出来る、栄養相談に応じる事が出来る、といった専門職としての扱いとなりますので、就職(一般的には、正社員として職業を得ることをいいます)の際も有利になり、就職先も大きな施設が当て嵌まるようになるでしょう。

          また、専門知識があるので、フリーとして開業できる場合もあるかもしれません。

          職場によっても、管理栄養士の資格を取る際には補助金を支給したり、ぶじに資格が取得出来た場合には資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)手当てを支給したりする所もあるでしょう。

          就職先にも、仕事内容にもメリットのある資格と言えそうです。



          それに、これから生活習慣病である増加や高齢化が進み、管理栄養士の役割も重要視されていくになるんです。



          てなわけで、―地球滅亡まであと365日―、えっあと1年?


          この記事の関連ワード
          自動車整備士 資格の大原 国税専門官 資格試験 対策 

          資格 | 09:28 | comments(0) | - | - |
          高卒でも行政書士ってどうですか?
          0
            行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の受験者数は平成1二年度の規制緩和以降、大幅に増えている傾向があるのです。

            でも、合格率が規制緩和により大幅に変わったかというと、その影響はあまりないようです。

            受験者数が増えた分だけ、合格者も増加傾向にあるため、規制緩和前と後での合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)に大きな差は見られません。



            行政書士試験の合格率(低いほど難易度が高い試験ということになります)は、高いときで19%台、低い年で二パーセント台、平成23年度は8.05%です。

            人気のある行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)試験だけのことはあって、難易度は高いようですね。



            行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)試験は、受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)に制限がないため、誰でも自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)に受験する事ができます。

            もちろん、高卒でも受験することができます。



            しかし、試験問題が高卒(後期中等教育の課程修了を意味する言葉です)で解けるかというと、難易度の高さからもわかるように、そうとはいえないと思います。

            出題される問題のすべてが高レベルと言う訳ではなく、中には中学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)レベルのものもあるはずです。



            行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)の試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)は、出題範囲が中学レベルから大学の一般教養レベルまでと幅広く、高卒(高卒以下という受験資格の場合、大卒以上の人は受けられません)で受験する際には、かなり必死で勉強しなければならないのは言うまでもありません。

            大卒でも勉強は不可欠です。



            行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)試験は、受験資格が特に設けられてないため、どんな人でも自由(ないと思っているのは自分だけで、本当はいつでもそうんだという人もいますよ)に受けることができます。

            極端な話、高校在学中でも受けることが出来るはずですし、高校を卒業してすぐに受ける事もできるのです。



            ただし、たとえ試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)に合格したとしても、二十歳になるまでは欠格事由になりますので、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を用いる事は出来ません。

            残念ながら、20歳になるまで待つようにしてください。




            この記事の関連ワード
            実務経験 弁理士 土木施工管理技士 司法試験 就職先 

            資格 | 23:22 | comments(0) | - | - |
            高卒でも行政書士ってどうですか?
            0
              行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の受験者数は平成1二年度の規制緩和以降、大幅に増えている傾向があるのです。

              でも、合格率が規制緩和により大幅に変わったかというと、その影響はあまりないようです。

              受験者数が増えた分だけ、合格者も増加傾向にあるため、規制緩和前と後での合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)に大きな差は見られません。



              行政書士試験の合格率(低いほど難易度が高い試験ということになります)は、高いときで19%台、低い年で二パーセント台、平成23年度は8.05%です。

              人気のある行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)試験だけのことはあって、難易度は高いようですね。



              行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)試験は、受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)に制限がないため、誰でも自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)に受験する事ができます。

              もちろん、高卒でも受験することができます。



              しかし、試験問題が高卒(後期中等教育の課程修了を意味する言葉です)で解けるかというと、難易度の高さからもわかるように、そうとはいえないと思います。

              出題される問題のすべてが高レベルと言う訳ではなく、中には中学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)レベルのものもあるはずです。



              行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)の試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)は、出題範囲が中学レベルから大学の一般教養レベルまでと幅広く、高卒(高卒以下という受験資格の場合、大卒以上の人は受けられません)で受験する際には、かなり必死で勉強しなければならないのは言うまでもありません。

              大卒でも勉強は不可欠です。



              行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)試験は、受験資格が特に設けられてないため、どんな人でも自由(ないと思っているのは自分だけで、本当はいつでもそうんだという人もいますよ)に受けることができます。

              極端な話、高校在学中でも受けることが出来るはずですし、高校を卒業してすぐに受ける事もできるのです。



              ただし、たとえ試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)に合格したとしても、二十歳になるまでは欠格事由になりますので、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を用いる事は出来ません。

              残念ながら、20歳になるまで待つようにしてください。




              この記事の関連ワード
              柔道整復師 資格はばたく 資格の大原 臨床工学技士 計量士 

              資格 | 21:47 | comments(0) | - | - |
              皇宮護衛官はどうかな?
              0
                皇宮護衛官と言った資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)は、あまり聞きなれない名称とは言え、いったいどういったものなのでしょうか?

                皇宮護衛官とは、天皇・皇族の護衛、皇居、御所、御用邸などの護衛・警備をする国家公務員(日本の行政機関や特定独立行政法人に勤務する人、国家公務員法が適用される公務員を指します)を言います。



                警察(日本では明治時代に導入された制度なんだとか)庁の附属機関である皇宮警察(犯罪の予防や犯人の逮捕の他に、反政府活動の調査といった機能もあります)本部に所属しているのです。

                本部は皇居内にあり、警察(国ごとに制度が異なっており、警察官の権限なども違います)官ではありませんが、司法警察(国ごとに制度が異なっており、警察官の権限なども違います)職員として職務を行っているのです。



                皇宮護衛官は、皇宮警視監、皇宮警視長、皇宮警視正、皇宮警視、皇宮警部、皇宮警部補、皇宮巡査部長、皇宮巡査(皇宮巡査長が含まれた)の8階級に分かれているのです。

                皇宮護衛官になるには、皇宮護衛官採用試験を受験し、合格しなければなりません。

                受験は誰でもできるものではなく、年齢制限があります。



                受験者の多くは男性とは言え、女性も受験オーケーですので、我こそはと思う女性の方、ぜひチャレンジしてみたらどうでしょうか。

                試験は毎年1回、一次試験と二次試験が行われるのです。

                この試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)に合格し、皇宮護衛官として採用されると、皇宮巡査に任命され、皇居内(東京)に存在している全寮制の皇宮警察学校に入校して、研修を受けることに。



                研修終了後、正式に護衛署に配属されて、皇居や御用邸の決められた場所で警戒勤務にあたったり、皇族が外出するときの身辺護衛を行ったりします。

                そんな皇宮護衛官ですが、合格の難易度は、ハッキリ言って高いです。

                採用人数が二十数名と少ない所に、30倍とか40倍の申込者がいますので、合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。受験する時の目安にされます)は3〜4%程度。

                ちなみに、平成22年の合格率は2.7%でした。



                非常に狭き門の皇宮護衛官の年収は、約630万円です。

                初任給は平成23年で、190570円かもしれませんよね。

                経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)を積んでいけば、外国国賓の護衛や大使の護衛に従事できる他、皇族の海外訪問にも随行出来るなど、国際的にも活躍出来る仕事といえると思います。





                この記事の関連ワード
                土木施工管理技士 受験資格 独学 資格の大原 司法試験 

                資格 | 02:42 | comments(0) | - | - |
                行政書士の年収について
                0
                  難関の国家試験(合格しなければ、就くことのできない職業も多いです)をパスして得た行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)の資格。

                  さぞかし収入もいいのだろうと思いきや、決してそうではないようです。

                  行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の収入源は、書類の作成費用で、一書類作成して「いくら」というもの。



                  その為に、かず多く稼ぎたい場合は、ひとつでも多く書類を作成するか、大口の仕事を得るかのいずれかかもしれません。

                  では、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)の実際の平均年収はというと、多くが400万円以下はずです。

                  といっても、この数字は行政書士だけで食べている人の平均年収ではありません。



                  税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)や弁理士(日本の国家資格の他に、欧州特許弁理士などの国際資格もあります)などの仕事の傍ら行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)の仕事をこなしている人や、ほかに本業があってサイドビジネスのような形で働いている人の年収も含まれているんですね。

                  そのため、平均年収が低くなっているんですね。



                  行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)の資格を取得しても、就職先はそれほど多くは無いでしょう。

                  実際、行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)になった人がどうやって収入を得ているのかと言えば、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)だけで生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)していこうという方の仕事先は、多くが独立開業です。



                  開業したばかりのときは、よほど運が良くないかぎり、普通はそれ程収入は多くありません。

                  しかし、地道に仕事を続け、実績を積み重ねていくことによりいる人の中には、年収が1000万円を超える人もいますし、行政書士になる前の収入よりぐんと増えたと言う人も結構いるかもしれませんね。

                  仕事は待っていてもやってくるものではなくて、開業したら営業することが大切です。



                  行政書士で成功している人の体験談(参考になることもありますが、物事の受け止め方には個人差がありますから、必ずしも自分には当てはまらないこともあるでしょう)などを参考に、営業に力を入れ、仕事を増やしていけば、公務員の平均年収である660万円を稼ぐのはそれ程難しくはないと言う人もいることでしょう。

                  行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)は、さまざまな“士業(取得するのが難しい資格も多く、取得できれねスキルアップに繋がるでしょう)”の窓口ともなる資格。



                  さらなる高みを目指してほかの資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)も取得していけば、仕事の幅が広がり、高収入を得ることが出来るようになります。







                  この記事の関連ワード
                  資格の大原 資格試験 年収 管理栄養士 臨床工学技士 

                  資格 | 04:42 | comments(0) | - | - |
                  (新)司法試験ってどうですか?
                  0
                    (新)司法試験とは、裁判官、検察官、弁護士なんかの法曹資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)付与のための試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)のひとつで、平成18年度からスタートしました。

                    そもそも司法試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)とは、裁判官、検察官、弁護士になろうとする人が、必要である学識や応用能力を持っているかどうかを判定する国家試験であり、年に一回行われていました。



                    それが改定され、平成18年に(新)司法試験としてスタートしたというわけ。

                    スタート時から平成二十二年までの制度移行期においては、新司法試験と従来の制度による司法試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)(旧司法試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません))とが併存していました。

                    現在は、司法試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)というと新司法試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)のみです。



                    (新)司法試験では、受験資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)があるのは法科大学院を修了している者、または、予備試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格している者です。

                    法科大学院とは、法曹に必要な学識や能力を培うことを目的とする専門職大学院で、端的に言えば、新司法試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の受験資格を得るために入る学校という事になります。



                    (新)司法試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)は、この法科大学院修了、もしくは、予備試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)合格後、5年間に3回の範囲内で受験することが可能。

                    この範囲内で合格しなければ、以降の受験は認められないということなんです。

                    それでもどうしても、(新)司法試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に合格したいという場合は、再び法科大学院の課程を修了するか、予備試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)に合格しなければなりません。



                    受験制限のある(新)司法試験の合格率は、平成23年度は23.5%と、旧司法試験のときの3%に比べればすごく高いですが、狭き門である事に変わってはないですね。

                    試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格し、司法修習を経た後、検察官希望者は検察庁、裁判官希望者は最高裁、弁護士希望者は法律事務所や企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)に就職する事になりますね。



                    なお、弁護士希望者は独立開業と言った手もありますが、はじめから独立するのは無理がありますから、やっぱり弁護士事務所などへ就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)するのが良いでしょう。







                    この記事の関連ワード
                    自動車整備士 就職先 行政書士 資格 難易度 資格の王道 

                    資格 | 01:43 | comments(0) | - | - |
                    食品衛生監視員ってどうですか?
                    0
                      食品衛生監視員と言った資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)ってご存知でしょうか?

                      食品衛生監視員は、私達の食品の衛生や安全を守る為の検疫の業務に携わる厚生労働省により認定されている資格で、技術系の公務員(日本ではアメリカ型の公務員制度を採用しています)なのですね。

                      食品衛生法の規定に基づいた、営業施設の立ち入り検査や食品についての指導等を行う事を仕事としています。



                      国や地方自治体等行政機関の職員で、通称「食監(しょっかん)」とも呼ばれているそうです。

                      国家公務員?種試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)、もしくは、食品衛生監視員採用試験に合格すると、全国の主な海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)港や空港の検疫所にて、輸入食品の安全監視や指導を行えるようになってます。



                      もしくは、地方公務員として各都道府県の保健ところに所属し、食中毒等の食品を介した健康被害を防ぐために公衆衛生業務を行ったり、食品製造業や飲食店の監視、指導、教育を行ったりも出来るようになるはずです。

                      それに、一般企業への就職の場合にも、この食品衛生監視員の資格を有してしまっていると有利に働くこともあるそうです。

                      ある定められた物等を製造する場合には、食品衛生管理者等の設置が必要とされていることもあるためです。



                      また、飲食店営業、菓子製造業、食肉販売業(店舗販売、無店舗販売の他にも、様々な販売形態があります)、魚介類販売業等の営業をする場合にも、食品衛生責任(きちんと取れるのが社会人であり、大人であるといえるかもしれません)者の設置が義務付けられていたりします。

                      食品関連や食品製造業会社等への就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)を希望している場合には、取得して於いてもいいしょうね。



                      最近では、食品に対する衛生や安全に強い関心が高まりいる傾向があるのです。

                      これからも大切な役割を担っていく、価値のある資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)となっているんです。







                      この記事の関連ワード
                      資格喪失証明書 臨床工学技士 資格ランキング 独学 費用 

                      資格 | 04:16 | comments(0) | - | - |