健太の資格大作戦!

健太の資格について語ります。資格の種類や受験概要、就職先などです。
<< (新)司法試験ってどうですか? | main | 皇宮護衛官はどうかな? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - | - |
    行政書士の年収について
    0
      難関の国家試験(合格しなければ、就くことのできない職業も多いです)をパスして得た行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)の資格。

      さぞかし収入もいいのだろうと思いきや、決してそうではないようです。

      行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の収入源は、書類の作成費用で、一書類作成して「いくら」というもの。



      その為に、かず多く稼ぎたい場合は、ひとつでも多く書類を作成するか、大口の仕事を得るかのいずれかかもしれません。

      では、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)の実際の平均年収はというと、多くが400万円以下はずです。

      といっても、この数字は行政書士だけで食べている人の平均年収ではありません。



      税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)や弁理士(日本の国家資格の他に、欧州特許弁理士などの国際資格もあります)などの仕事の傍ら行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)の仕事をこなしている人や、ほかに本業があってサイドビジネスのような形で働いている人の年収も含まれているんですね。

      そのため、平均年収が低くなっているんですね。



      行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)の資格を取得しても、就職先はそれほど多くは無いでしょう。

      実際、行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)になった人がどうやって収入を得ているのかと言えば、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)だけで生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)していこうという方の仕事先は、多くが独立開業です。



      開業したばかりのときは、よほど運が良くないかぎり、普通はそれ程収入は多くありません。

      しかし、地道に仕事を続け、実績を積み重ねていくことによりいる人の中には、年収が1000万円を超える人もいますし、行政書士になる前の収入よりぐんと増えたと言う人も結構いるかもしれませんね。

      仕事は待っていてもやってくるものではなくて、開業したら営業することが大切です。



      行政書士で成功している人の体験談(参考になることもありますが、物事の受け止め方には個人差がありますから、必ずしも自分には当てはまらないこともあるでしょう)などを参考に、営業に力を入れ、仕事を増やしていけば、公務員の平均年収である660万円を稼ぐのはそれ程難しくはないと言う人もいることでしょう。

      行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)は、さまざまな“士業(取得するのが難しい資格も多く、取得できれねスキルアップに繋がるでしょう)”の窓口ともなる資格。



      さらなる高みを目指してほかの資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)も取得していけば、仕事の幅が広がり、高収入を得ることが出来るようになります。







      この記事の関連ワード
      資格の大原 資格試験 年収 管理栄養士 臨床工学技士 

      資格 | 04:42 | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | 04:42 | - | - | - |