健太の資格大作戦!

健太の資格について語ります。資格の種類や受験概要、就職先などです。
<< 行政書士の年収について | main | 高卒でも行政書士ってどうですか? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - | - |
    皇宮護衛官はどうかな?
    0
      皇宮護衛官と言った資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)は、あまり聞きなれない名称とは言え、いったいどういったものなのでしょうか?

      皇宮護衛官とは、天皇・皇族の護衛、皇居、御所、御用邸などの護衛・警備をする国家公務員(日本の行政機関や特定独立行政法人に勤務する人、国家公務員法が適用される公務員を指します)を言います。



      警察(日本では明治時代に導入された制度なんだとか)庁の附属機関である皇宮警察(犯罪の予防や犯人の逮捕の他に、反政府活動の調査といった機能もあります)本部に所属しているのです。

      本部は皇居内にあり、警察(国ごとに制度が異なっており、警察官の権限なども違います)官ではありませんが、司法警察(国ごとに制度が異なっており、警察官の権限なども違います)職員として職務を行っているのです。



      皇宮護衛官は、皇宮警視監、皇宮警視長、皇宮警視正、皇宮警視、皇宮警部、皇宮警部補、皇宮巡査部長、皇宮巡査(皇宮巡査長が含まれた)の8階級に分かれているのです。

      皇宮護衛官になるには、皇宮護衛官採用試験を受験し、合格しなければなりません。

      受験は誰でもできるものではなく、年齢制限があります。



      受験者の多くは男性とは言え、女性も受験オーケーですので、我こそはと思う女性の方、ぜひチャレンジしてみたらどうでしょうか。

      試験は毎年1回、一次試験と二次試験が行われるのです。

      この試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)に合格し、皇宮護衛官として採用されると、皇宮巡査に任命され、皇居内(東京)に存在している全寮制の皇宮警察学校に入校して、研修を受けることに。



      研修終了後、正式に護衛署に配属されて、皇居や御用邸の決められた場所で警戒勤務にあたったり、皇族が外出するときの身辺護衛を行ったりします。

      そんな皇宮護衛官ですが、合格の難易度は、ハッキリ言って高いです。

      採用人数が二十数名と少ない所に、30倍とか40倍の申込者がいますので、合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。受験する時の目安にされます)は3〜4%程度。

      ちなみに、平成22年の合格率は2.7%でした。



      非常に狭き門の皇宮護衛官の年収は、約630万円です。

      初任給は平成23年で、190570円かもしれませんよね。

      経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)を積んでいけば、外国国賓の護衛や大使の護衛に従事できる他、皇族の海外訪問にも随行出来るなど、国際的にも活躍出来る仕事といえると思います。





      この記事の関連ワード
      土木施工管理技士 受験資格 独学 資格の大原 司法試験 

      資格 | 02:42 | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | 02:42 | - | - | - |