健太の資格大作戦!

健太の資格について語ります。資格の種類や受験概要、就職先などです。
<< 皇宮護衛官はどうかな? | main | 高卒でも行政書士ってどうですか? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - | - |
    高卒でも行政書士ってどうですか?
    0
      行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の受験者数は平成1二年度の規制緩和以降、大幅に増えている傾向があるのです。

      でも、合格率が規制緩和により大幅に変わったかというと、その影響はあまりないようです。

      受験者数が増えた分だけ、合格者も増加傾向にあるため、規制緩和前と後での合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)に大きな差は見られません。



      行政書士試験の合格率(低いほど難易度が高い試験ということになります)は、高いときで19%台、低い年で二パーセント台、平成23年度は8.05%です。

      人気のある行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)試験だけのことはあって、難易度は高いようですね。



      行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)試験は、受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)に制限がないため、誰でも自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)に受験する事ができます。

      もちろん、高卒でも受験することができます。



      しかし、試験問題が高卒(後期中等教育の課程修了を意味する言葉です)で解けるかというと、難易度の高さからもわかるように、そうとはいえないと思います。

      出題される問題のすべてが高レベルと言う訳ではなく、中には中学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)レベルのものもあるはずです。



      行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)の試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)は、出題範囲が中学レベルから大学の一般教養レベルまでと幅広く、高卒(高卒以下という受験資格の場合、大卒以上の人は受けられません)で受験する際には、かなり必死で勉強しなければならないのは言うまでもありません。

      大卒でも勉強は不可欠です。



      行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)試験は、受験資格が特に設けられてないため、どんな人でも自由(ないと思っているのは自分だけで、本当はいつでもそうんだという人もいますよ)に受けることができます。

      極端な話、高校在学中でも受けることが出来るはずですし、高校を卒業してすぐに受ける事もできるのです。



      ただし、たとえ試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)に合格したとしても、二十歳になるまでは欠格事由になりますので、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を用いる事は出来ません。

      残念ながら、20歳になるまで待つようにしてください。




      この記事の関連ワード
      柔道整復師 資格はばたく 資格の大原 臨床工学技士 計量士 

      資格 | 21:47 | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | 21:47 | - | - | - |